読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビでも有名。レコードが聴ける!録音できるCDコンポ通販情報

レコードやカセットテープが聴ける!PC不要で簡単にCDに録音可能なコンポです。FM/AMラジオも聴けます。

あなたが初めて買った“ラジカセ”、どんなラジカセでしたか?

あなたが初めてラジカセを手にしたのはいつのことですか?

私は中学生の頃、1980年代です。

 

それまではおもちゃやマンガ本しか買ったことがなかった

私でしたが、それ以外のものを、本格的にお小遣いを貯金して

買ったわけですが、なんだかちょっと大人になった気分でした。

 

初めて買ったものって、やっぱり今でも忘れられない、

当時のワクワク感を思い出す、懐かしい・・・、

あなたもそんな思いではないですか?

 

私はその当時の定価で確か、

34800円したラジカセを買いました。

 

CDというものがまだ世の中に存在していない時代でした。

 

私が買ったのは、松下電器(National)のザ・サードミニ。

サザンオールスターズの桑田圭祐が当時テレビコマーシャルに

起用されていました。

 

私がザ・サードミニ(RX-C50)を買ったわけは、

別にサザンオールスターズに魅了されたわけでも何でもありません。

 

小さくて、持ち運びが良くて、それでいて、“オーディオ感”のある、

そんなラジカセが欲しかったからです。

 

ザ・サードミニというラジカセは、本体からスピーカーが着脱でき、

ミニステレオ的なスピーカー配置を愉しむことができるのが大きな

特徴で、そこに私も惹かれていました。

 

だから、買おうと決心した時には、必死でお小遣いを貯めました。

 

また、本体後ろにはステレオアンプさながらに、LINE-IN端子、

LINE-OUT端子が同軸端子で装備されていました。

 

レコードプレーヤーを接続して楽しむことも、

カセットデッキとして別のアンプに接続することもできる、

当時としては高い拡張性も魅力的でした。

 

私はこのラジカセをとても気に入り、毎日のように好きなFM番組を

Air Checkしたり、Checkしたそのテープを聞いたりしていました。

 

その何年か後、世の中にCDプレーヤーが出現しました。

私は当時SONYでしか売っていなかったCDプレーヤーを

単品で購入、このラジカセに接続してCDを聞いていました。

 

本当に重宝しました。そして、好きでした。

その後残念ながら、アンプのツマミ部分が悪くなり、音が割れたり、

ノイズが入るようになり、最後は動かなくなってしまいましたが・・・。

 

あの頃を思い出すと、純粋で懐かしい気持ちがよみがえります。